自分の肌質に合ったお手入れをすることが大事

私は若いころ安くて有名なドラッグストアで気軽に買える化粧水と乳液を使ってきました。ニキビ肌で悩んでいましたが、それは体質だと諦め、深く悩むこともなく間違った化粧水の塗り方をしていました。

当時の私は、自分の肌質がどういう肌なのか考えることもなく、ニキビ肌だから脂肌だと思っていたのです。20代のニキビは10代とは違うのに、乳液はベタつくからという理由で乳液は使わずに化粧水だけを使うという間違ったお手入れをしていたり、流行りのパックを買ってきて、もったいないからといって規定時間を大幅にオーバーしてそのまま寝てしまったり、肌にとって最悪なことをしてしまっていたのです。

私の肌は乾燥肌です。もちろん化粧水のあとの乳液も美容液がとっても大事です。それに気づいた20代後半、SK2のカウンセリングカウンターで自分の肌診断をしてもらったのです。詳しく診断してもらった結果、やはり自分には水分が足りていないことを知りました。
基礎化粧品をガラッと変えました。さすがSK2、お値段は高いのですが、自分にいま必要なお手入れをしっかりしたら、ニキビはそれ以来できなくなりました。

肌本来の力がアップした気がします。何より高い化粧品を使ってるというだけで、女子力がアップした感じでテンションがあがるのもポイントですが。ただ高いだけでは意味がありませんが、キチンと自分の肌質をしって、自分に合う化粧品を使うことはとても大事だと思います。いつまでもしっかり自分の肌と向き合って、お手入れ頑張りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)