基本的な役割を果たしてくれる化粧水

私が化粧水を選ぶ際に、重視するポイントは肌をしっかり保湿してくれるかどうかということです。最近は、このポイントをしっかり押さえているはとむぎ化粧水を2年ほど使っています。化粧水はその後の乳液やクリームをしっかり浸透させるためのものだと思うので、たくさんの成分が入っているよりもシンプルなものを選ぶようにしています。

また、高いものを少量使うよりも安いものをたっぷり使ったほうがお肌が潤う気がするので、あまり高いものは使いません。使い方も1つだけ決めていることがあり、お風呂からあがったら、服を着る前にまず、化粧水を顔全体に適当につけます。そのあと、服を着てもう一度化粧水を付けてから、乳液やクリームを塗るようにしています。お肌に1番悪いのは乾燥だと思うので、まずは乾燥しないことを大切にしています。

また、化粧水を塗るときはバシャバシャと豪快に塗るのではなく、丁寧にお肌の中に浸透していくように手で抑えるようにします。また、冷たいままではなく、手のひらで少し温めるようにしています。これは乳液やクリームでも同じです。適当に塗りたぐった時よりも朝のお肌のハリがいいように思います。また、朝も同じようにすると化粧崩れが少ない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)