インナードライの肌にあった保湿液の選び方

私の肌質は混合肌でTゾーンは洗顔後、5分もたつとべたべたしてしまうのですが、口周りは乾燥していて粉をふいてしまいます。インターネットや本を通じて情報を集めて見た結果わかったことは、Tゾーンに皮脂分泌が多いのも肌の水分量が足りていないのではないか=インナードライ肌なのでは。ということでした。

それからはインナードライ改善のための化粧品選びをはじめました。ポイントは保湿です。化粧水の成分はほとんどが水なので、安くて可もなく不可もなく大量にジャバジャバと使えるものを選び、保湿のほうを重点的にケアしています。美容液、乳液などたくさんの商品がありますが、選ぶときの基準はヒト型セラミドが入っているかどうか。を成分表示のところでみています。

また成分表示は含有量が多い成分をど先に書かれているため、上のほうに書かれていたらそれだけ多くその成分が含まれているということになります。このヒト型セラミドという成分がうまく肌を保護して乾燥から守ってくれるようです。また、洗顔料はクレンジングの後に石けんを使っていたのですが、この石けんの製造方法も色々ある中で、冷製法がよいという情報を本でみたため、冷製法(コールドプロセスと書いてあることもあります。)で作られているものを使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です